帯同する?しない?Pros/Consのまとめ。どうするかはあなた次第!

Career

帯同する?帯同しない? この決定に関わる要素は 様々な切り口がありますよね
①家族の在り方 ②人生の豊かさ ③経済性 ④キャリア ⑤現実性 
という5つの観点から、Pros/Consを纏めてみました


なかなか一筋縄ではいかないものの 頭の整理のきっかけになれば!

①家族の在り方 帯同するに軍配!



帯同すると、家族と一緒にいられるというのは大きなメリット
なぜ結婚したの?なぜ出産したの? という本質に立ち返ると
家族皆で幸せに暮らしたいからですよね


一緒に住んでいた方が 共有できる時間も思い出もやっぱり多い
異国の地であればなお更、濃密な時間を共有できそう
ということで、これは帯同に軍配!

②人生の豊かさ 帯同するしかなし



海外生活、いくら世界がグローバル化したからと言って
誰もが簡単に得られる経験ではないことは確か
新しい国で、新しい文化で、新しい人と出会う それこそExciting!!
人生100年時代 未知世界に飛び込む数年間があるなんて
人生の豊かさ、多様性を考えれば 帯同しないわけはない


こちらも、帯同に軍配!

③経済性 帯同しないに軍配!



元々日本で共働きしており 帯同時に収入がないとの前提であれば
帯同コストは =「配偶者の年収×帯同年数」―「駐在員の海外勤務手当×帯同年数」
簡単に計算できますよね?


コレ田舎に家購入できる金額だったりしません?笑
これに、仮にMBA取得or大学院いくとかなれば
およそ数百万~1,000万円overの金額が加算されるので大赤字


 駐在するとお金溜まるよねというのは 専業主婦時代の過去のもの
共働き世代の我々にとって 帯同こそコスパが悪いものはありません


加えて、仮に将来的に出世をして得られるであろう収入が
帯同することによって昇進機会を得られないとすれば
その部分も機会ロスとして計上する必要があります


私はもともと、日本の会社でのキャリアもすごく大事にしていたので
なぜ、したくもない帯同を数千万円の機会ロスを見込んでまで しなくてはいけないのかー!
と憤慨しておりました 笑 (過去の思い出です 笑)


ということで、経済性だけを考慮すると 帯同するメリットはなさそうですね

④キャリア キャリアチェンジをどうとらえるか?によりけり



帯同となれば、配偶者のキャリアは一旦止まり キャリアブランクの期間が発生します
ワーストシナリオでは 生涯にわたって復職できない可能性がある
仕事が見つかっても年収が大幅ダウンする可能性がある
復職や休職制度があったとしても・・・ 元の所属部署に戻れない可能性がある
重要な案件や面白い仕事を任されるチャンスが減る可能性がある
将来的な昇進のチャンスを逃す可能性がある
フリーランスで働いていたとしても 重要な顧客を失ったり
帰国後も、同じように働けるかはわかりません


と、ここまでは めちゃくちゃネガティブ 笑
でも、一歩引いて考えてみると これまでの固定概念を取り払って
新しいことをやれるチャンスだと思うと それはそれでわくわくしませんか?


現地で就労してみるもよし(ビザの問題はありますが)
フリーランスで働いてみるもよし
自分で会社作るでもよし
MBA取得や、大学院にいくもよし


これらキャリアチェンジを
自分の意志のみで、会社を辞めて軌道変更をするのは 結構ハードル高い気がします
しかし「帯同をきっかけに・・・」なら 意外と前に進みだせる気がするのです

⑤現実性 帯同するに軍配か?  でも、理由はネガティブ



仮に、旦那さんが駐在とします。
別居を選ぶとなれば 「ママ一人、日本でワンオペー!」
ちーん これを駐在期間4~5年続けられますか?と聞かれると
さすがに私も「む、む、む」となります


確かに、旦那の別居手当を見込んで シッター・家事代行を利用し
遠方の実家からヘルプをお願いすればなんとかなるー!?と 思わないでもないですが


古い日本の企業体質が残る中(残業・会食)
本当に自分の望むような成果が出る働き方ができるか 結構疑問に思うわけです
セーブした働き方をしたら 結局ストレスがたまるのは自分なんですよね


そして、我が子を数年間という長い期間一人で育て
立派なとは言わないまでも、きちんと育てられるか というと、結構不安です


という事で、現実性を考えた時 この点に関しては、
どうしてもいいイメージが1mmも沸かず
別居を選ぶという事は、相当覚悟がいる選択なように感じました


最後に…結局決めるのは自分と家族



①家族の在り方 ②人生の豊かさ ③経済性 ④キャリア ⑤現実性 の5つの観点から
帯同する?帯同しない?問題を検証してみました


何を優先するか?は、人それぞれ
帯同する・帯同しないの結論は あなたの価値観、ご家庭の価値観の中にしかないのです
納得のできる選択をして下さいね 少しでも上記整理が参考になればうれしいです!

この記事を書いた人
155naicai

▶︎ 女性のキャリア・生き方を考えるマガジン Wherever we are の管理人 ▶︎ 中国留学→総合商社→東南アジア20代駐在→月イチ海外出張・海外旅行→ワーママ→アメリカ帯同&起業&海外onlineMBA ▶︎ 自身の海外経験から学んだ価値観も踏まえながら、キャリア・生き方・働き方など情報を発信中

155naicaiをフォローする
Career
155naicaiをフォローする
Wherever we are
タイトルとURLをコピーしました