You Tubeを見過ぎる代わりに、子供の英語学習に楽天Rakuten ABCmouseがおススメの理由

Language

子供の見過ぎてしまうYou tube中毒を何とかしたい・・・




仕事に家事にと、自分が疲れているときに、子供と遊ぶというのは結構タイヘンです。そして、家事をちょっとやりたいときに、子供が離れてくれないというのも・・・。エンドレスで続くおままごと、お絵かき・・・。自分も楽しいときはいいのですが、遊びにずっと「付き合ってあげる」のもやっぱり気疲れします。



そんな時、驚異的な魅力で子供の注意力を引き付けてくれるのがYou tube様でした(もはや、夫よりも頼れる存在、相棒であることは間違えありません・・・笑)。



我が娘も1歳後半から、スマホを操り、You tubeの広告を自分でスキップし始めた頃は、時代の流れを感じると共に驚きでした。



しかし、やっぱりこのままYou tubeを見せ続けておくことに、母として罪悪感を感じるのわけです。うん、どう考えても、時間の使い方として、子供の教育としてよろしくなさそう・・・。



残念ながら、この強力なYou tubeという相棒に変わるおもちゃを見つけるのは、なかなか容易ではありませんでした。新しい知育おもちゃを買い与えても、すぐに飽きてしまう・・・。



数日楽しく遊べたら十分なくらいです。飽きる度に買い与えるおもちゃの数々、狭い部屋がすぐにいっぱいです。この物量を見ては、これまた「この買い与え続ける教育、そもそも意味ある??」と、これまた悩ましい状況に。



子供主導でYou tubeのように手軽に扱え、それでいて「まあ、教育にも悪くないし、イイよね」という、買い与える親側のニーズも満たしてくれる、そんなものはないものか・・・と考えた末、今ベストな選択は、タブレット学習です。



You tube からオンライン学習への切り替えに成功




現在、我が家は2つのオンライン学習しています。操作は思いの他カンタンですし、You tube並みの集中力で遊んでくれます。



集中してやっていることは、言語、算数、科学、社会など、両親としても是非やらせておきたい内容
です。



イチから机の横に座って、勉強を教えるのは本当に骨が折れる大変なことですが、このタブレット端末であれば、リビングルームのソファに座りながら、ゆるーくゲーム感覚を残しながら、勉強ができます。



そして、「ママは料理するから、ちょっとお勉強していて」といえば、30分くらい真剣に取り組んでくれるという、今では本当にありがたい、新しい相棒になりました。



結果的に、あれほど頼っていたYou tubeともべったりとした付き合いからはお別れし、今では1日10分という時間を、きちんと守って利用することができるようになりました(これ、すごくないですか!?!?)。1日10分って、なんだかちゃんとした家庭みたいですよね(笑)。



それもこれも、オンライン学習のおかげであることは言うまでもありません。


現在利用中のオンライン教材 ①スマイルゼミ、②楽天Rakuten ABCmouse




現在、私が3歳の娘と一緒に使っているのは2台のオンライン学習。



一台は、アメリカに来る前にはじめたスマイルゼミ。主に、あいうえおなど日本語教育の為に利用しています。こちらの内容は下記から。



【楽天Rakuten ABCmouse】がおススメな理由



もう一つは、アメリカに来てからはじめたABCmouse。
これがまた本当に出会えてよかった!という代物。


今ではすっかり生活の一部となり、親子の生活に欠かせない存在になっています。今回は、そんなABCmouseの魅力について、解説させていただきます!

Rakuten ABCmouse

【楽天Rakuten ABCmouseの魅力】とにかく月額1,067円とリーズナブルな価格設定




ABCmouse、こちらはアメリカに来てからよく広告を見るようになり、娘も、その広告を見て「やってみた~い」と言い出したので始めました。



ABCmouseアメリカでは、年間$79という、超破格の価格設定です。この安い価格設定もあり、内容も期待していなかったのですが、これが大正解。



正直、日米の物価差も考慮すると「年額」でなく「月額」$79と言われても納得できる内容です。



アメリカで、一番普及しているオンライン教材という名にふさわしく、この品質で、この価格なら「利用しないわけはないよね」という感じです。



私はアメリカ版を利用していますが、「ABCmouse、これ日本でも展開したら絶対に流行るだろうに!」と思い調べてみたところ、既に、楽天Rakutenが展開していました(笑)。



目の付け所が流石、楽天Rakuten!



楽天Rakutenが展開の日本版も1年12,800円(月額1,067円)ですので、アメリカ版より少し高いですが、それでもリーズナブルですね。



専用のタブレット端末等の購入も不要ですので、1年12,800円(月額1,067円)で始めることができます。



※価格は、2020年2月時点

【楽天Rakuten ABCmouseの魅力】「英語で」学ぶということ




どうしても日本人が開発した「英語教材」ですと、英語を教えることが目的になってしまい、日常会話ばかりが続く、単語の学習ばかりが続くというような設計になりがちです。



しかし、ABCmouseは、言うまでもなく、ネイティブ向け教材だからこそ、無駄に「英語を教えよう!」としておらず、Reading、Math、Science、Social study、Art などの科目を英語で学ぶことができるということです。それぞれの科目学習を進める過程で、自然と英語が身につくという設計ですね。



様々な科目の学習を通じながら、とにかく、大量の英語を浴びることができるというのが、ポイントかと思います。


【楽天Rakuten ABCmouseの魅力】親の英語の勉強にもなるくらい、だから一緒に楽しめる




ABCmouseの設計ですが10段階くらいのレベル別となっており、上級では小学校1~2年生くらいの内容まで網羅しています。



現地ネイティブ小学生が学ぶ、化学、社会、歴史などは、それ自体がもう結構レベルが高く、英語学習中級程度の方であれば、ご両親でも英語の勉強になってしまうようなレベルです。



イメージとしては、TOEFLのリスニング、リーディングのようなアカデミックな英語に近く、細かな言い回しや表現は、勉強になります(もちろんTOEFLの方がレベルは高いのですが・・・)。



つまり、子供の勉強に付き合いながら、実は親も勉強できちゃうなんて、二重でおトクですよね。



一緒に勉強できるくらいの内容ですから、こちらも知的好奇心がそそられ、遊びに「付き合ってあげる」という状況から、私も一緒に遊びたいという心境になりました。



子供との時間を一緒に楽しめるということは、本当に嬉しい変化でした。


Rakuten ABCmouse

数十万、百万近い教材は不要!子供の英語学習のハードルは、なくなってきている




楽天Rakuten ABCmouseのような、こういった安価で良質な英語教材が普及することは本当に素晴らしいことですよね。



過去、数十万、百万近い教材を購入しなくては、自宅でできなかった幼児英語学習が、こうも敷居の低い価格で試してみることができる時代です。



そして、学習にかかる親の負担も、ITの進歩と共にずっとラクになっているのでないでしょうか。横に座って、付きっきりで進捗を見てあげる必要もなく、乱暴な言い方をすれば、買い与えれば、結構な確率で自分で勉強してくれるというわけですから。



学習機会の平等化という意味では、本当に意義深い教材であるなと感じています。



楽天Rakuten ABCmouseは、現在1カ月「無料」となるキャンペーンをやっているようです。この機会に一度試してみるのが良いかもしれませんね。


この記事を書いた人
155naicai

海外キャリアワーママのライフ・コーチ ▶︎ 女性のキャリア・生き方を考えるマガジン Wherever we are の管理人 ▶︎ 中国留学 → 総合商社 → 東南アジア20代駐在 → ワーママ → ライフ・コーチ ▶︎ 現在は、アメリカ在住 ▶︎ 自身の海外経験から学んだ価値観も踏まえながら、キャリア・生き方・働き方など情報を発信中

155naicaiをフォローする
LanguageWorld
155naicaiをフォローする
Wherever we are
タイトルとURLをコピーしました