英語でビジネスを学びたい人必見!アメリカ版マネーの虎 Shark tankとは!?。かなりおすすめデス!

Language



アメリカに来てから、ドはまりしているテレビ番組がShark tank。再放送も含めると毎晩放映している為、ほぼ毎日見ています。娯楽番組ですが、英語でビジネスを学べるなかなか良い教材だと思うので、ご紹介させていただきます!

Watch Shark Tank TV Show - ABC.com
Watch the official Shark Tank online at ABC.com. Get exclusive videos, blogs, photos, cast bios, free episodes

Shark tank ってどんな番組?! → 答え:アメリカ版マネーの虎



はじめてこの番組を見た時、学生の頃に流行っていた「マネーの虎」を思い出しました。Shark tank、投資家がSharkであり、そのサメのtankタンクに入ってしまった?事業家という設定のようですね。


事業家が事業アイディアをもってきて、「この事業に株式数何%で、いくらの投資金額を、希望します」と、5人のSharksたちにプレゼンテーションが始まります。事業家は、自身の商品や事業の魅力をこの手あの手を使って伝えるわけです。


プレゼンテーションの後、事業家は、商品・事業の将来性、これまでの実績、経営者としての適性、競合に対する独自性など様々な観点から、Sharksからの質問攻めにあいます。


そして、次々に「I’m out」と言って、投資しないことを決めていくSharksたちですが、最後に残った1人もしくは2人のSharkと「この金額で、この株式数なら投資する」というまさにリアルな交渉を駆け足で進め、Doneするというもの。投資すると決定した事業には、Sharksが身銭をきって投資し、ビジネスの拡大も全面的にバックアップします。


この一連のプレゼンテーションから投資決定するまでおよそ15分くらいですので、非常にスピード感あり、見ているこちらもヒヤヒヤするわけです。

Shark tankの魅力とは?!なぜそんなに面白いのか?!

Shark tankの魅力① 事業・起業アイディアが面白い



所謂大手が取り組むようなビッグビジネスではなく、個人のアイディアや機転で勝負する、ちょっと面白系のアメリカ最先端ビジネスを垣間見ることができます


つまり、日本的に言うと「あったらなイイなを実現する」ような、これまでマーケットにはないような、ちょっとユーモアのある商品が多いです。


なるほど、「こういうことが困っていたけれど、確かにこれがあったら便利!」とか、「AとBの組み合わせでこんな面白い事業になるなんて、考えていなかった!」と、自身の中にある発想力を刺激してくれるのです。

Shark tankの魅力② プレゼンテーションスキルが学べる



これはやはりアメリカの番組だなと感じるのですが、出てくるプレゼンター(事業家)のプレゼンテーションスキルが本当に高い


プレゼンテーションを本業としているわけでもなく、時に10代前半の中学生、時に定年後のおじさんという事業家の一人にすぎない彼ら・彼女らですが、総じて商品や事業・そして経営者としての自身の魅力を伝えるのが本当に上手いわけです。


これは本当に日本人として学ぶべき点だと感じました。You tubeのTEDがよくプレゼンテーションスキルを学ぶにおすすめとありますが、TEDのビジネス版プレゼンテーション教材として捉えていただくとわかりやすいかもしれません。

Shark tankの魅力③ ビジネスの勘所が勉強になる



プレゼンターからの商品・事業の紹介後、およそ10分間はSharksからの質問コーナーとなります。


「どうやってこのアイディアを思いついたのか?」「今はどれくらいの事業規模なのか?過去の実績は?」「マーケティングはどうしているの?」「売上が伸びていないのはどうして?」「このビジネスの前は、どういうキャリアバックグラウンドなの?」と、詰め寄られる事業家の姿は、さながら日本の若手社員が上司から叱責されている姿とあまり変わりません(笑)。


しかし、この質問それぞれ、またその受け答えを見ていても、ビジネスにおける抑えるべきポイントを短時間で網羅しており、まさに私自身が前職の商社で新規事業構築に取り組んでいた頃、日々社内で取り交わしていた議論内容と変わりません


リアルビジネスを疑似体験できてしまうわけです。

Shark tankの魅力④ ビジネス系英語の勉強になる



日本人がビジネス英語を勉強すると、「Emailの書き方」や「レポートの書き方」とどうしても体裁的な部分を大事にしがちです。


しかし、このShark tankをみて思うのは、そういう体裁的な部分よりも、如何に「事業や商品の魅力を、相手が理解できるようにわかりやすく語れるようになるか」これが最も意識すべきポイントのような気がします。


その点、巷にあふれる「ビジネスメールの書き方・・・」などといった書籍を読むよりも、この番組は、よほどビジネス力と英語力を鍛えるよい教材のように思います


魅力あふれるShark tank、アメリカ在住の皆さん、ぜひ一度見てみて下さい!

【おまけ】 英語でビジネスを学ぶにおすすめの本2選



Shark tank を見る以外にも、「ビジネスマインドを英語で鍛えたい」という方にお勧めなのが、英語を学びながらビジネスの基本もざっくり教えてくれる下記の2冊。


「TOECIの点数は高いのに、リアルな商談となるとニガテ」、「自社商品の魅力が伝わりきらないと感じる」という方は多いと思います。母国語でも日常会話ができるのと、仕事でわかりやすく伝えられる能力があるかは別なわけです。


そんな方向けに、英語を使ってビジネスを語る訓練になるであろう書籍となります。何れもビジネスの基礎知識なく、気軽に読み進められる内容です。

この記事を書いた人
155naicai

▶︎ 女性のキャリア・生き方を考えるマガジン Wherever we are の管理人 ▶︎ 中国留学→総合商社→東南アジア20代駐在→月イチ海外出張・海外旅行→ワーママ→アメリカ帯同&起業&海外onlineMBA ▶︎ 自身の海外経験から学んだ価値観も踏まえながら、キャリア・生き方・働き方など情報を発信中

155naicaiをフォローする
LanguageWorld
155naicaiをフォローする
Wherever we are
タイトルとURLをコピーしました