女性キャリア

Carrier

夫の転勤、妻の仕事…。妻の転勤、夫の仕事…。総合職夫婦の今後のキャリア論

女性の社会進出、女性の活躍、そういった文脈で語られるキャリアのイメージの多くは、企業の総合職としてラインで働くということだったかもしれません。そして、そういった多くのキャリア系総合職女子が選ぶ結婚相手、これもまた第一線で活躍する総合職男子...
Carrier

女性のロールモデルがいない問題、ロールモデルを求めることこそ生きにくい世の中かもしれない

多くの女性が、女性のロールモデル探しに迷走していた 就職、結婚、出産とロールモデルを参考としたくなることはよくわかる 恐らく日本の会社組織で働く女性の多くがこの「ロールモデル不在問題」に直面し、自分の所属する組織にいささか「が...
Carrier

「海外駐在」と「独身女性」 婚活・結婚をどうするか 失敗しないための心構え

以前、海外駐在員としてキャリアを築きたいと思った女性が、結婚、出産と駐在期間がバッティングし、一筋縄ではいかない状況があることを書かせていただきました。 実際に、20代半ばの後輩女性から「海外駐在したい。一方、現在彼氏はい...
Carrier

フィンランド首相にサンナ・マリン氏、34歳 同国史上最年少誕生、翻って日本の課題について思うところ

フィンランドで女性首相が誕生します。こういった女性活躍の話題において、北欧諸国が名乗りを上げることはこれまでと変わりませんし、珍しいことではないかもしれません。しかし、今回驚いたことは、34歳というその年齢。意外にも!?このニュースに反応...
Carrier

子供がいても、共働きでも、資格取得やスキルアップしたいかも。学びたい気持ちを持ち続けるワーママにおくるちょっとした工夫

「子供がいたらスキルアップはできない」、かつて、私もそのように思っていましたが、数年前、このままでは流石にマズイとい感じ、様々な試行錯誤を重ね、共働き・子供を育てながらの学びの道を再び軌道に乗せました。今回は、学びの道への復活の第一歩とし...
Carrier

マイクロソフト「週休3日制」の事例から思う、日本の働き方改革に違和感があるところ

日本で働き方改革が進む中、様々な新しいコンセプトや取り組みが海外から、また外資系企業から紹介されています。そのような報道があると、日本もそのような取り組みをするべきではないか!と話題が盛り上がるわけですが、今日は、私が感じるその違和感につ...
Carrier

ちゃんと学校で教えてほしい『仕事とお金』のハナシ

日本の教育は、お金のこと・社会の仕組みを伝えない 先日、アメリカの我が家の近所のライブラリーに出向いてみたところ、現地中学生向けに「Small businessで稼ぐには?」といったようなセミナーの案内が掲示されていました。そのよう...
Carrier

20代女性。仕事、キャリア、結婚、出産、子育て、悩みたくなるのはわかるけれど・・・

社会に足を踏み入れる前から、すでに悩んでいる実態 私は夫の海外勤務に伴いアメリカに帯同する前、商社に勤めていましたが、この商社という業界の特性上、本当に多くの大学生から社員訪問という名のキャリア相談を受けてきました。もちろん、男性に...
Carrier

復職後ワーママを苦しめている犯人は、実は恵まれた日本の育休制度ではないかという思い

日本の育休制度は非常に恵まれています。現在、日本の育休制度では、基本は1年、保育所など入所のめどが立っていない場合は、最長2歳まで延長できることになります。そして、育休を始めてから180日(半年間)までが育休前の給料の水準の67%、それ以...
Carrier

「30代40代女性×海外×キャリア」がそう簡単ではないというハナシ ~すべての海外駐在志望の女性へ~

前回『「20代女性×海外×キャリア」がそう簡単ではないというハナシ』という記事を書かせていただきましたが、駐在と女性のライフイベントをうまく両立することの難しさに対し、同じ様な悩みを抱えていたんです!といった多くの反響をいただきました。前...
タイトルとURLをコピーしました