駐妻・駐夫

Life

女性のキャリア・生き方は100通り~ドイツ駐妻レイの選択1~

WWA代表の私が、東南アジア駐在時に、時同じくして他社の女性海外駐在員だったレイさん。異国の地で、がむしゃらに仕事全力投球しながら、一緒に20代の海外駐在を乗り切ってきた大切な仲間です。そして6年後、また時同じくし、お互いドイツとアメ...
Life

「帰国子女」・「駐妻・駐夫」海外駐在に関する誤解の数々

アメリカに来て1か月、3歳の娘を現地のデイケア(保育園)に入れて3週間経ちました。東京の保育園では、あんなにニコニコ通っていたのに、やはり毎朝、毎朝「行きたくないよー」と間接的に言われるのは、やはり親として心配なところです。 帰国子...
Life

何かを「手放す決断」は勇気がいること、でも結果的に手放してみると新しい成長やチャンスに出会うことができるかもしれない

アメリカに来て2週間が経ちました。アメリカで多種多様な人種が歩く街を歩いてみると、そもそも「なぜこの国に住むのか?なぜこの都市に住むのか?どんな仕事をするのか?誰と結婚するのか?何人子供をもうけるのか?」そんな人生の重大な決断もすべて、個...
Life

結局、私は何にもやもやしていたのか!? 私が、帯同を決めるまで

今は、「アメリカ行くよー!イエーイ!」と意気揚々と帯同を報告できる私ですが、パートナーの駐在内示が出てからの数ヶ月は、山あり谷ありと30個くらい山を登り下りと、これほどまでに受け入れ難きことを、自分で消化し受け入れた経験は初めてでした。今...
Life

あまり語られていない!?『配偶者転勤に伴うの帯同制度』について考えてみた

そもそも『配偶者転勤に伴うの帯同制度』とは? 配偶者が転勤になった場合、その随伴のための帯同することを認める制度で、帰国後元も会社へ復帰できる制度です。専業主婦が当たり前、転勤には退職して帯同するのが当たり前という時代が終わり、女性...
Life

配偶者(駐妻・駐夫)の就労に関する「パートナーの会社ブロック」について考えてみた

共働きが当たり前になった現在、駐在員の配偶者(駐妻・駐夫)は、帯同前当たり前のように日本でキャリアを積んでおり、帯同中もキャリアを継続したいと考える人も非常に多くなっています。しかし、配偶者が現地で働こうとした際、「駐在員本人の会社から反...
タイトルとURLをコピーしました